バーチャルアシスタントは1200万人以上の住民を支援します

Virtual Assistant
GoodPy(内務省)

GoodPy(内務省)

内務省によると、1200万人以上の住民が韓国政府のバーチャルアシスタントサービスに加入しているという。

「GoodPy」と呼ばれる仮想アシスタントサービスは、ワクチンの予約、交通違反の罰金、運転免許証の更新や定期的な医療訪問のリマインダーに関するさまざまな情報を提供します。 GoodPyは、人気のNaver、KakaoTalk、およびTossモバイルアプリを介してサブスクライバーに通知を送信します。

先月、同省は、GoodPyユーザーにCOVID-19救援基金に関する情報を通知する機能を追加しました。 バーチャルアシスタントは、政府の財政援助の適格性、救済基金の金額、彼らがお金を申請する方法、彼らが文書を使用できる場所、そしてそれをいつ使用するかについて加入者に知らせます。

同省によると、GoodPyは、申請期限の1週間前の10月22日に、救援基金を要求するようにユーザーにリマインダーを送信します。 最後のCOVID-19救済基金は年末までに使用される予定であるため、仮想アシスタントは、期限が切れる前に、12月31日の1か月前と1週間前の2つの通知を送信します。

同省によると、GoodPyは3月の発売以来、1億6200万件以上のワクチン通知をユーザーに送信している。 これには、予防接種の予約の確認、予約の前日の予防接種前のガイド、当日の指示、および予防接種後3日間の自己監視に関する情報が含まれます。

全海澈内務大臣は、「公的部門と民間部門の間のこのデジタルコラボレーションの成功を活用するために、引き続き新しいサービスを追加し、GoodPyに関連するアプリケーションの数を増やしていきます」と述べています。

カン・ヒョンウ(hwkan@heraldcorp.com)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *